半径5メートルの野望(はあちゅう)

<この本を読んで得られること3選> ・若くして華々しく脚光を浴びている有名女性ブロガーの、背伸びしていることも自覚した上で年齢相応の赤裸々に吐露された心情に触れられる。 ・同年代(2〜30代)の悩み多き若者にとって、伴走者となるような勇気づけのメッセージを得られる。 ・10年以上のブログ運営や電通のコピーライター部署にいた経験に裏付けされた、キャッチーなコピー(表現力)をた…

続きを読む

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰(池田貴将)

<この本を読んで得られること3選> ・プロローグだけでも稀代の思想家・教育家である松陰の幕末の歩みをざっと掴め、短い生涯でも成したこと(明治維新の英雄たちを育てた)を把握できる。 ・176個に渡る各項目は現代風の話し言葉で書かれ、多岐に渡る吉田松陰の思想をすぐに理解して実践することができる。 ・「学び」の本質、すなわち「人生をより輝かせる志のための行動のためにあるも…

続きを読む

無意識と対話する方法(前野隆司・保井俊之)

<この本を読んで得られること3選> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることが明確に認識できる。 ・古今東西の思想史が、近代のアメリカ西海岸(ベトナム反戦運動がきっかけ)を起点として、現代の日本に集約されていく様子が網羅できる。 ・幸せを感じる瞬間に、著者たちは「論文を書いている時」を挙げている。ロジックを使っている瞬間なの…

続きを読む

見てる、知ってる、考えてる(中島芭旺)

<この本を読んで得られること3選> ・「この文章で本になるなら、自分でも本が出せる」という自信が得られる。 ・10歳の少年の視点と考え方を、率直で洗練もされている文章表現で垣間見る事ができる。 ・日本の教育にしくみについて、考えさせられるきっかけとなる。 <こんな本> 「10歳の男の子が書いた自己啓発本」というキャッチコピーがつけられている、…

続きを読む

宇宙一美しい奇跡の数式(ノ・ジェス )

<この本を読んで得られること3選> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ = 1」という数式と「イメージ言語」で説明しようとする試みを知れる。 ・真理を求める際に通過する様々な分野の重要なキーワードがたくさん登場するので、それらの網羅的な把握と復習ができる。 ・科学技術は蓄積・伝達されて…

続きを読む