畑と田んぼと母の漬けもの(藤田和芳)

平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり  <この本を読んで得られること3選> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさが感じられる ・環境問題や社会問題の解決を目指す企業を起こした人物の、その原体験(幼少期から東京での大学生時代)を追える ・社会起業の代表的な例として、大地を守る会での事業の初期の頃…

続きを読む

南方熊楠コレクション5森の思想(中沢新一)

生と死の 粘菌に見る 不可思議も 神なる森を 切りゆく日本  <この本を読んで得られること3選> ・書簡集とその解題(現代語での解説)により、世界的天才/奇才南方熊楠の思想の原点を紐解ける ・粘菌の生態の不思議さや分類の難儀さが紹介され、生物学の世界に混乱をもたらした様子と、その渦中での熊楠の生命の神秘に迫る独特の東洋思想的解釈が中沢節で解説されている ・エコロジー運…

続きを読む