地球の目線(竹村真一)

人類の 危機乗り越える ポテンシャル 認識させる 文明・技術  <この本を読んで得られること3選> ・地球全体の環境問題など人類が抱える危機状況に対しても、前向きになれるような逆転の発想・複眼的な視点の持ち方(より視野の広い考え方) ・深刻さが増している様々な環境問題のひとつひとつに、すでに開発がほぼなされている新技術とそれを適用できる社会制度次第で解決策があるとを示し…

続きを読む

本がいままでの10倍早く読める法(栗田昌裕)

脳内の 使用領域 拡張し 情報処理の 加速訓練  <この本を読んで得られること3選> ・”速読している状態”とはどういうことか脳内の情報処理のしくみから説明がなされ、速読できるようになるまでの能力向上させる流れの全体概要 ・本や図形を用い座って行うもの以外にも、日常の中で取り組めるものも含めバリエーション豊富なトレーニングメニュー ・著者本人が速読術を身に付けたエピソ…

続きを読む

『1分で読書』で横断@春分

こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「春分」。 太陽が赤道の真上をまっすぐ通り、 昼の長さと夜の長さが(ほぼ)等しくなる日です。 今回はその“等しさ”にかけまして、 “フラット”で“イーブン”な話題にしようかと思います。 『1分で読書』における フラット(並行・平行)とは、 「“分類”の仕方」についてでしょうか。 …

続きを読む

上昇思考(長友佑都)

幸せな 夢追い人の 礎に 祖母の手紙や 感謝の心  <この本を読んで得られること3選> ・現役トップアスリートがまさに活躍しているリアルタイムの思考内容 ・家族、恩師、仲間、今まで関わった全てへの”感謝”が最重要であること ・「才能がない」「弱い心」「普通の人間」と自覚する中でも、自分の可能性や人生の目的をどう考えどう進むかを示し、夢を追う幸せなあり方が示されている …

続きを読む

なんでも英語で言えちゃう本(青木ゆか)

「主語」「動詞」 「その他」の三語に 落とし込む ”捨てる英語”で 伝わる想い  <この本を読んで得られること3選> ・「主語+動詞+それ以外」の3語で話すための「捨てる英語術」と、常識を覆す英語勉強法:「魔法のボックス」の提言 ・”英語を話せるようになる”ためには無視するべきアドバイス:「単語・フレーズをたくさん覚えろ」「辞書を使え」「文法は最初にマスターしろ」「…

続きを読む

次の時代を、先に生きる。(髙坂勝)

幻想の 消費構造 抜け出して 人間らしく 生きる選択  <この本を読んで得られること3選> ・人生や経済に対しての俯瞰的な高い視点、かつ、安定した足場からの思考法 ・「常識」にとらわれない発想の転換が提示され、モノゴトについてどう考えるかの基点を与えられる ・成長神話(経済でも個人の競争能力でも)から抜け出し、地に足のついた幸福度の高い人生を送るための具体的な方法 …

続きを読む

農業をデザインで変える(長岡淳一・阿部岳)

背負い立つ ロゴマークとは 旗印 農業界に 吹き込む新風  <この本を読んで得られること3選> ・「デザインロゴによるブランディング」という農業の世界にはなかった手法を持ち込む新進気鋭の会社の思想と、全国の農家さんたちの事例紹介 ・著者2人の出身地である北海道十勝の農業の状況や開拓史から、これまでの活動のきっかけや背景が語られている ・地方と都会、農業とデザインの…

続きを読む

地方再生のレシピ(奥田政行)

その土地の 「食」を文化へ 昇華させ 人と自然を 繋げる料理  <この本を読んで得られること3選> ・ 活躍ぶりが雑誌やテレビでも取り上げられ全国区で知られるシェフの、修行時代からこれまでの歩みを追える ・食材の本質、すなわち、この”生き物”は何の狙いでこんな特徴なのか、どういう環境で育ったのでどんな味になるのか、一流の料理人としての探究心が、詩的なフレーズとイラスト…

続きを読む

月1〜数回配信ゆるメルマガコミュニティ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)