無意識と対話する方法(前野隆司・保井俊之)

<この本を読んで得られること3選> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることが明確に認識できる。 ・古今東西の思想史が、近代のアメリカ西海岸(ベトナム反戦運動がきっかけ)を起点として、現代の日本に集約されていく様子が網羅できる。 ・幸せを感じる瞬間に、著者たちは「論文を書いている時」を挙げている。ロジックを使っている瞬間なの…

続きを読む

見てる、知ってる、考えてる(中島芭旺)

<この本を読んで得られること3選> ・「この文章で本になるなら、自分でも本が出せる」という自信が得られる。 ・10歳の少年の視点と考え方を、率直で洗練もされている文章表現で垣間見る事ができる。 ・日本の教育にしくみについて、考えさせられるきっかけとなる。 <こんな本> 「10歳の男の子が書いた自己啓発本」というキャッチコピーがつけられている、…

続きを読む

沈黙(遠藤周作)

<この本を読んで得られること3選> ・クリスチャン(=作者の遠藤周作と主人公のロドリゴ)の信仰心の厚さを実感する。 ・報告書形式から始まり、途中から第3者視点での描写となる流れから、主人公に感情移入し、その時代の世界観にリアルに入り込む手法などのストーリーテリングを学べる。 ・日本は「沼地」と表現される、キリスト教が根付かない、もしくは得体の知れないものに変容してし…

続きを読む

宇宙一美しい奇跡の数式(ノ・ジェス )

<この本を読んで得られること3選> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ = 1」という数式と「イメージ言語」で説明しようとする試みを知れる。 ・真理を求める際に通過する様々な分野の重要なキーワードがたくさん登場するので、それらの網羅的な把握と復習ができる。 ・科学技術は蓄積・伝達されて…

続きを読む

売れる文章術(中野巧)

<この本を読んで得られること3選> ・穴埋め文章作成テンプレート「Catch Me If You Can の法則」 ・あおりの正体、「あおる」とはどういう状態なのか分かる。そして、ビジネスをする際にあおらず気持ち良く商品を伝えることができる心構えを得られる。 ・「文章で夢が叶う」メカニズムを解説している。そのメカニズムをひと言でいうと、「夢(目標)を紙に書くとエネルギーが生…

続きを読む

有機農業で世界を変える(藤田和芳)

<この本を読んで得られること3選> ・「ソーシャルビジネス・社会的起業」をするとは具体的にどういうことか、大地を守る会という1つの事例を通して見える ・現代の日本をとりまく「食」の事情を、グローバルな視点から俯瞰して把握できる ・逆風の中でも仕事を続けられるための「心構え=面白がること」「秘訣=商品・サービスが確かに良いこと」が示されている <こんな本> 藤…

続きを読む

『1分で読書』の方針@立春

ようこそ『1分で読書』へ! 初めまして。 ブリッジライターNAO(ハンドルネーム)と申します。 当サイトは 主に「農」や「食」などの分野、もしくはノンジャンルで フリーランスのライターをやっております筆者が、 これまでの人生で読んできた本、 リアルタイムで今まさに読み終わった本を 片っ端から1冊30分でまとめるチャレンジ企画です。 ・・というのは…

続きを読む