進化に向かう日本農業(小松光一)

そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <この本を読んで得られること3選> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹介し、多層に入り乱れた構造こそが進化した日本の農業の姿であるという認識 ・古代からあるものの未来社会へ希望を持てるような、アジアに残る思想・習慣・概念(コモンズ、コスモロジー…

続きを読む

畑から宇宙が見える-川口由一と自然農の世界(新井由己)

人の道 美醜見極め 立つ境地 妙理に倣う 農と生き方  <この本を読んで得られること3選> ・日本を代表する自然農の大家:川口由一氏のこれまでの歩みを、幼少時から青年期を通して現在に至るまで詳しくかつ簡潔に追うことができる ・自然農とはどういうものか(はじまり、川口氏の具体的な実践、考え方など)、有機農法や慣行農法との違いを里山や人工林とも対比させた解説 ・数十年、畑に向…

続きを読む

物理数学の直観的方法(長沼伸一郎)

分解し 再構築は 不可能と 見抜く直観 導く数理   <この本を読んで得られること3選> ・オイラーの公式やフーリエ変換などいくつかの重要な分野の大学履修レベル数学を、直観的に理解するプロセスを解説され、その数式や定理の本質に至れる ・「三体問題が解けない」という謎が行列式を使った非常にシンプルな説明で解明される ・経済、生物工学、エコロジーなどの複雑系の時代に向け…

続きを読む

南方熊楠-日本人の可能性の極限-(唐澤太輔)

世界中 ”深友”の夢 伴いて 極端人の 浮世の間  <この本を読んで得られること3選> ・熊楠の波瀾万丈の人生をひと通りほぼ時系列でつかめる ・出版時点(2015年)の最新の熊楠研究の総まとめ ・「東洋と西洋」「南方曼荼羅」「神社合祀反対運動で日本最初のエコロジー」など、各思想の概要 <こんな本> 各時代の活動の紹介に沿って思想の解説にも触れるわりにはボリ…

続きを読む

『1分で読書』の和歌@清明

こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「清明」 あらゆるものが”清浄明潔”と生き生きとし、 花も咲き誇る頃とされ、お花見の時期でもあります。 花見と言えば、歌会 ・・というイメージが筆者にはあります。 (そんな雅なこと、やったことはありませんけど。笑) 子供の頃に読んだ漫画がメインの歴史書に、 「奈良〜平安時代に貴族の間で…

続きを読む

「仕組み」整理術(泉正人)

<この本を読んで得られること3選> ・整理の効果 ■頭の中がスッキリ ■必要なものがすぐに見つかる ■アイデアが生まれやすい ■仕事の成果が上がる ■仕事以外に使える時間増 ・「仕組み」整理術の原則 ■基本は「統一化」「一元化」「自動化」 ■ルールを設け徹底して実践 ■ムダな時間の削減を目指す ■整理しすぎない ■整理した時間を有効活用 ・整理する対…

続きを読む

水と塩を変えると病気にならない(新谷弘実)

水と塩 砂糖と油 深く知り 徐々に取り換え 健康保つ  <この本を読んで得られること3選> ・長く健康に生きるための、現行の医療や栄養学の不完全さの認識と予防医学や食事の大切さの理解 ・生命活動の基本となる「水と塩」からまず身体の細胞を整え、「糖と油」の適切な摂り方を学び実践することで健康を維持増進する具体的な知見の数々 ・上記をふまえさらにステップアップする応用編5つの…

続きを読む

30分で英語が話せる(クリス岡崎)

<この本を読んで得られること3選> ・英語で気軽にコミュニケーションするためのマインドと、その後に英語学習を楽しんで継続するためのモチベーション ・会話中に言葉がつまってしまいそうな時に立ち戻れる最もシンプルな文法や、ネイティヴに近い発音の6つのポイント「R:母音の前に小さいル」「L:オー」「V:ヴ」「Th:ダ、タ」「Wh:ゥワ」「F:fア」 ・日常会話をするのに十分な、海…

続きを読む

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!