現代語訳般若心経(玄侑宗久)2006年

2017/10/03 20:45
観音が シャーリプトラに 語りかけ 空性で説く 智慧の心髄  <この本を読んで得られること3選> ・現代科学にも照らし合わせた『般若心経(大本)』の軽妙洒脱な文体での詳細な解説と、それに準じた『般若心経(小本)』の明快な現代語訳 ・空海、良寛の書いた遺墨の他、絵心経やサンスクリット写本などのビジュアル資料 ・般若心経を理解するのではなく暗唱することの、筆者の体験を踏まえた意義 <こんな本> 芥川賞受賞者で臨済宗の僧侶であ..

続きを読む

合理的な神秘主義(安冨歩)2013年

2017/09/29 20:46
人類の 思想のマグマ 辿る旅 生きる驚き 求め奔走  <この本を読んで得られること3選> ・古今東西の思想史の流れ(誰が誰の影響下か)の、表層(有名なもの)と地層(認識されにくいが実は大きな影響力があるもの)の全体像 ・我々が考えるべき問題は、「創発(端的に言えば”神秘的な生きる力”)を阻害・破壊するもの(”暴力”と呼ぶにふさわしい)を、如何に排除するか」であるという認識 ・著者も含む、この世界での生き方に不安や渇望を抱える”才能のある子”..

続きを読む

単位が取れる量子力学ノート(橋元淳一郎)2004年

2017/09/20 11:16
<この本を読んで得られること3選> ・シュレーディンガー方程式の基本的かつ様々なパターンの解法 ・数式から読み取れる量子的な世界の真理の解釈 ・量子論によって露わになった、この世界の有り様に関する哲学的な問いかけ <こんな本> 高校物理の知識で読み進められる量子力学の入門書であり、大学生向けの参考書兼演習書ですが、ここではあえて一般向けの本としての書評を書きます。(ちなみに筆者は理系ですが物理・数学は不得手で、数式を解き進めながらの読み方..

続きを読む

『1分で読書』で色感@白露

2017/09/07 21:33
こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「白露」。 日中は暑くとも、夜は冷えることで 朝の草の葉に露がつき始める頃です。 ここ10年位の気候は、関東にずっと住んでいる筆者としては、 いつも夏はかなり暑い上に長い期間に渡っていたような記憶ですが、 今年に関しては二十四節気どおりの様子ですね。 ところで、「白」という色は、 中国の五行説では「秋」を表すイメージカラー。 日本人の一般的な感覚では、「白」からは 冷た..

続きを読む

粘菌-偉大なる単細胞が人類を救う(中垣俊之)

2017/08/02 14:05
”いきもの”と ”モノ”との間 行き来する 単細胞に 知性の始原  <この本を読んで得られること3選> ・イグノーベル賞(※)の授賞式の詳細な様子や、その後の社会的影響などの経緯  ※ノーベル賞のパロディ版で「人々を笑わせ、考えさせる研究成果」に与えられる ・粘菌(=真性粘菌の変形体)が迷路問題や交通網の最適解を出すメカニズムの簡易な解説 ・学問に向き合う著者なりの大局的な視点と心構え <こんな本> 2008年と201..

続きを読む

進化とはなにか(今西錦司)

2017/07/21 22:40
進化とは 淘汰にあらず 環境と 相互作用で 築く”棲み分け”  <この本を読んで得られること3選> ・ダーウィン進化論とはまったく異なる「今西進化論」の説明 ・人類の進化史の振り返り ・全体論的(ホーリズム)な自然観 <こんな本> 「すみわけ」の概念を発見し、サル学(個体識別によりサル山の社会を分析)の創設や自然学を提唱するなど稀代の生物学者が、生物(人類)の「進化」について語った6つのエッセイ集です。 <スポンサ..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!