日本の歴史をよみなおす(網野善彦)

2017/08/17 08:27
人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て  <この本を読んで得られること3選> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由分析 ・えた・非人など差別の対象となった人々のルーツや、女性が抑圧されてきた(またはそうでない時期もあった)歴史 ・天皇と国家体制の関係性の中世における変遷 <こんな本> 自然と人間との関わりの変化を描く『もののけ姫』の宮崎駿氏に影響を与えた歴史家が、「日本人..

続きを読む

ラーバンの森から(やまざきようこ)

2017/08/09 06:39
三国町 自然豊かな 営みを 色彩踊る 絵と文に載せ  <この本を読んで得られること3選> ・少し昔の、もしくは田舎(北陸)にある季節に沿った生活の様子 ・素朴で色鮮やかな絵も相まって想起される農的な暮らしの生命力溢れるイメージ ・著者夫妻の住む自然豊かな地域を生き抜く知恵 <こんな本> 福井県坂井市三国町に移住した夫婦(山崎一之・洋子)を取り巻く暮らしを綴る、中日新聞などに掲載されていた連載から抜粋・編集されました。 日々の体験から得..

続きを読む

モモ(ミヒャエル・エンデ)

2017/08/05 12:23
取り戻す ”生きる”時間の 喜びを 劇場跡の 少女が駆ける  <この本を読んで得られること3選> ・心に余裕をなくした人間の愚かさ、すなわち現代人への風刺 ・「時間」という不思議な概念の解釈:「時間とは生きるということそのもの」「人間ひとりひとりがそれぞれ持ち、本当に自分のものにしている間だけ、"生きた"時間となる」 ・話の中の空想物語や、時間についてイメージした美しい内面世界の、壮麗な表現力 <こんな本> (※ネタバレ含みますが、スト..

続きを読む

『1分で読書』で侘寂@大暑

2017/07/23 17:35
こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「大暑」。 暑さも真っ盛り、暑中見舞いの時期ですね。 土用の丑の日にも近く、酷暑で体力を落とさないよう ウナギを食べることが推奨される頃でもあります。 ※土用の丑の日のウナギについては・・ 江戸時代のアイディアマン・平賀源内の キャッチコピー(知り合いの鰻屋の宣伝)だとか、 万葉集の時期からある習慣だとか、 栄養学的には夏バテ防止には効果がない、など いろいろと話が飛び交い..

続きを読む

バビロンの大富豪(ジョージ・S・クレイソン)

2017/07/12 07:44
繁栄を 築いた民の 物語る 古今東西 変わらぬ叡智  <この本を読んで得られること3選> ・紀元前3000年の古代都市の情景が目の前に浮かび上がるような人間ドラマ ・黄金の七つの知恵 ■財布を太らせることから始める ■自分の欲求と必要経費とを混同しない ■貯めた資金は寝かさずに増やす ■損失という災難から貴重な財産を死守すべし ■自分の住まいを持つことは有益な投資 ■将来の保障を確実にすべく今から資金準備に取りかかる ■明確な目標に向かい、能力..

続きを読む

1分で読書の七夕@小暑

2017/07/07 08:53
こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「小暑」。 梅雨が明ける時候であり、 これから暑さがだんだん増してくる時期です。 体調の変化も起きやすく、衣替えをするなど、 季節の変わり目を実感しやすくもあるこの頃、 七夕(=7月7日)もありますね。 七夕と言えば、何が思い浮かぶでしょうか? 筆者は、織姫、彦星、短冊に願い事、天の川、年に1度の逢瀬・・ など、表面的なことしか知りませんでした。 ..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!