農業の出番だ!(藤田和芳)

2017/04/23 20:02
ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う  <この本を読んで得られること3選> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である、大地を守る会(株式会社大地、大地の会、大地を守る市民の会とも)の理念と設立20年の歩み ・1970〜90年代の日本をとりまく農業や消費者意識の問題の認識 ・生命を大切にしない現代文明への警鐘 <こんな本> 大地..

続きを読む

地方再生のレシピ(奥田政行)

2017/03/08 13:18
その土地の 「食」を文化へ 昇華させ 人と自然を 繋げる料理  <この本を読んで得られること3選> ・ 活躍ぶりが雑誌やテレビでも取り上げられ全国区で知られるシェフの、修行時代からこれまでの歩みを追える ・食材の本質、すなわち、この”生き物”は何の狙いでこんな特徴なのか、どういう環境で育ったのでどんな味になるのか、一流の料理人としての探究心が、詩的なフレーズとイラスト(壁画アーティスト・ミヤザキケンスケ氏の挿絵)により表現されている ・飲食店..

続きを読む

半径5メートルの野望(はあちゅう)

2017/02/21 22:12
<この本を読んで得られること3選> ・若くして華々しく脚光を浴びている有名女性ブロガーの、背伸びしていることも自覚した上で年齢相応の赤裸々に吐露された心情に触れられる。 ・同年代(2〜30代)の悩み多き若者にとって、伴走者となるような勇気づけのメッセージを得られる。 ・10年以上のブログ運営や電通のコピーライター部署にいた経験に裏付けされた、キャッチーなコピー(表現力)をたくさん浴びることができる。 <こんな本> カリスマ女子大生ブロガー..

続きを読む

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰(池田貴将)

2017/02/20 09:06
<この本を読んで得られること3選> ・プロローグだけでも稀代の思想家・教育家である松陰の幕末の歩みをざっと掴め、短い生涯でも成したこと(明治維新の英雄たちを育てた)の把握 ・176個に渡る各項目は現代風の話し言葉で書かれ、多岐に渡る吉田松陰の思想をすぐに理解して実践することができる ・「学び」の本質、すなわち「人生をより輝かせる志のための行動のためにあるもの」という原点に立ち戻る <こんな本> アンソニー・ロビンズや東洋思..

続きを読む

有機農業で世界を変える(藤田和芳)

2017/02/05 09:33
グローカル 社会企業の さきがけは 大地に根差す おいしい野菜  <この本を読んで得られること3選> ・「ソーシャルビジネス・社会的起業」をするとは具体的にどういうことか、大地を守る会という1つの事例を通して見える ・現代の日本をとりまく「食」の事情を、グローバルな視点から俯瞰して把握できる ・逆風の中でも仕事を続けられるための「心構え=面白がること」「秘訣=商品・サービスが確かに良いこと」が示されている <こんな本> 藤田和芳氏らによ..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信ゆるメルマガコミュニティ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)