マエカワはなぜ「跳ぶ」のか(前川正雄・野中郁次郎)

2017/07/31 11:45
「場所」とよぶ 西田・今西 哲学の ”公”感覚を イノベーションへ  <この本を読んで得られること3選> ・創業90年以上の前川製作所グループ(以降「マエカワ」と表記)の4つのイノベーション事例 ■スクリュー型コンプレッサー:国内でいち早く製品開発し、超電導分野などで世界中に納入 ■ニュートン3000:脱フロンの自然溶媒でも省エネ効果高く、国内冷蔵倉庫でのシェア8割 ■エンドファイト:植物共生菌をゴルフ場の芝をきっかけに稲へ応用(商品名「イネファイター」) ..

続きを読む

田中角栄-戦後日本の悲しき自画像(早野透)

2017/07/18 18:45
山を越え ”具体”を駆けた 今太閤 『列島改造』 黒く散りゆく  <この本を読んで得られること3選> ・農村出身で小学校卒の男が首相にまで上り転落するまでの全ての詳細な過程 ・角栄の若い時の経験に基づく実践的な思考方式や、人間味のあるセリフの数々 ・昭和史の大まかな流れと、角栄の閣僚時代以降の詳細な政局内情 <こんな本> 朝日新聞の番記者であった著者が、国家像を見失う平成の日本政治を憂い、身近に追い続けた角栄が戦後の混迷を駆け抜けた「歴..

続きを読む

吉田松陰(奈良本辰也)

2017/05/03 22:46
幕末の 風雲児たち 送り出す 萩に生まれた 大和魂  <この本を読んで得られること3選> ・幕末の動乱期の状況と、この時代を席巻した思想(公武合体思想など)の詳細 ・明治維新の立役者たちを育てた稀代の教育家であり非常に行動的な革命家である吉田松陰の遍歴(年表)と、彼の読書録や著述、肉親(兄の杉梅太郎など)や師(佐久間象山など)、盟友(宮部鼎蔵など)そして弟子たち(高杉晋作や伊藤博文など)との書簡からの抜粋により政治思想の変遷を追える ・獄中教育や松下村..

続きを読む

マーケティングに強くなる(恩蔵直人)

2017/05/01 22:03
最新の 成功事例 分析し 日本企業に エールを送る  <この本を読んで得られること3選> ・マーケティングの国際研究大会でも日本の存在感は明らかに小さくなっていることが語られ、世界の目は中国やインドなどに向けられている、という現状認識 ・悪い戦略(①空疎②重大な問題からの回避③目標と戦略の取り違え④間違った戦略目標の提示)に陥っていないか気づけ、良い戦略を構築するステップ(①診断②基本方針の打ち出し③行動の明示)を踏める ・分析/整理された最新のマーケ..

続きを読む

人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)

2017/04/28 21:42
あてはめる ゲーム化理論 3要素 俯瞰で見れば 万事ワクワク  <この本を読んで得られること3選> ・「目覚めの鐘」「遊び心の剣」など、人生をゲーム化するためのアイテム一覧 ・「敵!小分けの術!」「気軽に変更!」など、人生ゲームにおいて強力で有効な呪文一覧 ・自分の状況を俯瞰する視野の広さと、目の前の課題を楽しむ心構えなど、人生を最大限充実させるための様々な考え方 <こんな本> エニックスを退社し、様々な企画・事業を仕掛けてきた著者によ..

続きを読む

農業の出番だ!(藤田和芳)

2017/04/23 20:02
ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う  <この本を読んで得られること3選> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である、大地を守る会(株式会社大地、大地の会、大地を守る市民の会とも)の理念と設立20年の歩み ・1970〜90年代の日本をとりまく農業や消費者意識の問題の認識 ・生命を大切にしない現代文明への警鐘 <こんな本> 大地..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!