『1分で読書』で横断@春分

2017/03/20 10:08
こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「春分」。 太陽が赤道の真上をまっすぐ通り、 昼の長さと夜の長さが(ほぼ)等しくなる日です。 今回はその“等しさ”にかけまして、 “フラット”で“イーブン”な話題にしようかと思います。 『1分で読書』における フラット(並行・平行)とは、 「“分類”の仕方」についてでしょうか。 この『1分で読書』では、 シーサーブログのテンプレートを 使用させ..

続きを読む

地方再生のレシピ(奥田政行)

2017/03/08 13:18
その土地の 「食」を文化へ 昇華させ 人と自然を 繋げる料理  <この本を読んで得られること3選> ・ 活躍ぶりが雑誌やテレビでも取り上げられ全国区で知られるシェフの、修行時代からこれまでの歩みを追える ・食材の本質、すなわち、この”生き物”は何の狙いでこんな特徴なのか、どういう環境で育ったのでどんな味になるのか、一流の料理人としての探究心が、詩的なフレーズとイラスト(壁画アーティスト・ミヤザキケンスケ氏の挿絵)により表現されている ・飲..

続きを読む

『1分で読書』の傾向@啓蟄

2017/03/05 21:47
こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「啓蟄」。 冬の寒さから春の暖かさが感じられ、 地中で冬眠していた虫たちも地上に顔を出すような頃ということです。 ※閉じこもっていたもの=蟄(ちつ)が、明らかになる=啓(ひらく) というわけで、 当ブログ『1分で読書』も、始めて1ヶ月、 隠れていたものが少しずつ見えてきたように思います。 それはいくつかありますが、 今回の文章では2つだけ取り上げることに。 ..

続きを読む

畑と田んぼと母の漬けもの(藤田和芳)

2017/03/02 23:20
平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり  <この本を読んで得られること3選> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさが感じられる ・環境問題や社会問題の解決を目指す企業を起こした人物の、その原体験(幼少期から東京での大学生時代)を追える ・社会起業の代表的な例として、大地を守る会での事業の初期の頃の様子や理念が語られている <こんな本> 副題『「大地を守..

続きを読む

『1分で読書』の本音@雨水

2017/02/18 19:22
こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「雨水」。 雪が雨に変わる頃、 地上の雪も解け、水となって地中や川に流れていく時期とういうことです。 というわけで、 今回の記事では本音トークをしようかと。 ※今後の二十四節気ごと、  それに合わせたコラムを書くかどうかは未定です(苦笑) 立春に最初に書いた記事で ======== 当サイトは、筆者が読んだ本を 片っ端から1冊30分でまとめるチャレ..

続きを読む

『1分で読書』の方針@立春

2017/02/04 22:22
ようこそ『1分で読書』へ! 初めまして。 ブリッジライターNAO(ハンドルネーム)と申します。 当サイトは 主に「農」や「食」などの分野、もしくはノンジャンルで フリーランスのライターをやっております筆者が、 これまでの人生で読んできた本、 リアルタイムで今まさに読み終わった本を 片っ端から1冊30分でまとめるチャレンジ企画です。 ・・というのは半分ウソ(と半分ホントウ)で、 サイト訪問者さまに1分で読書を済ませてもらい..

続きを読む

もっと見る