『1分で読書』で仏教@寒露

2017/10/08 16:38
こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「寒露」。 夜から朝にかけての気温がぐっと下がり、 草には冷たい露がしたたるような時期です。 衣替え、夜の寒さ、紅葉、夏鳥から冬鳥への交代など、 季節の移り変わりの節目でもあります。 時間の移ろいが感じられるこの頃は、 「諸行無常」という日本人には馴染み深いフレーズも想起されます。 文学において「諸行無常」を代表的な作品では、 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響..

続きを読む

現代語訳般若心経(玄侑宗久)2006年

2017/10/03 20:45
観音が シャーリプトラに 語りかけ 空性で説く 智慧の心髄  <この本を読んで得られること3選> ・現代科学にも照らし合わせた『般若心経(大本)』の軽妙洒脱な文体での詳細な解説と、それに準じた『般若心経(小本)』の明快な現代語訳 ・空海、良寛の書いた遺墨の他、絵心経やサンスクリット写本などのビジュアル資料 ・般若心経を理解するのではなく暗唱することの、筆者の体験を踏まえた意義 <こんな本> 芥川賞受賞者で臨済宗の僧侶であ..

続きを読む

合理的な神秘主義(安冨歩)2013年

2017/09/29 20:46
人類の 思想のマグマ 辿る旅 生きる驚き 求め奔走  <この本を読んで得られること3選> ・古今東西の思想史の流れ(誰が誰の影響下か)の、表層(有名なもの)と地層(認識されにくいが実は大きな影響力があるもの)の全体像 ・我々が考えるべき問題は、「創発(端的に言えば”神秘的な生きる力”)を阻害・破壊するもの(”暴力”と呼ぶにふさわしい)を、如何に排除するか」であるという認識 ・著者も含む、この世界での生き方に不安や渇望を抱える”才能のある子”..

続きを読む

『1分で読書』の農業@秋分

2017/09/23 22:39
こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「秋分」。 春分の日と同じく、昼と夜の長さがほぼ等しくなり、 真西に太陽が沈みます。 真西には極楽浄土があるとされるので、 そこへの憧れの思いも向ける日でもあるそうです。 前回の白露でもだいぶ夏を過ぎた感はありますが、 「秋分」という「秋」の字が入ると、 やはり完全に季節が移り変わったな、という感覚になるものです。 そういうわけで、 本日は素直に「秋」から連想す..

続きを読む

ありのままの私(安冨歩)2015年

2017/09/17 18:45
越境し 見つけた真の 美しさ 立場主義から 脱却を期す  <この本を読んで得られること3選> ・男性から女性へと変わっていく過程とその心境 ・日本社会を覆う、現憲法よりも優先される「立場主義」(以下3条)から生じる問題点の指摘 1.役を果たすためには、何でもしないといけない 2.立場を守るためなら、何をしてもいい 3.人の立場は脅かしてはならない ・実体験と論理的考察に基づく、人間本来の「美しさ」についての再定義 <こんな本> 東..

続きを読む

茶色の朝(フランク・パブロフ)

2017/08/12 18:31
平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖  <この本を読んで得られること3選> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に出すこともなく大勢に流されることの危険性 ・世間の状況や他人の様子、日常の忙しさのせいにして、思考停止していることは愚かであるという自覚 <こんな本> pdfにするとたったの4枚に収まるほどの短い寓話ですが、危険な政治状況に徐々になっ..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!