日本の歴史をよみなおす(網野善彦)

2017/08/17 08:27
人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て  <この本を読んで得られること3選> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由分析 ・えた・非人など差別の対象となった人々のルーツや、女性が抑圧されてきた(またはそうでない時期もあった)歴史 ・天皇と国家体制の関係性の中世における変遷 <こんな本> 自然と人間との関わりの変化を描く『もののけ姫』の宮崎駿氏に影響を与えた歴史家が、「日本人..

続きを読む

茶色の朝(フランク・パブロフ)

2017/08/12 18:31
平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖  <この本を読んで得られること3選> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に出すこともなく大勢に流されることの危険性 ・世間の状況や他人の様子、日常の忙しさのせいにして、思考停止していることは愚かであるという自覚 <こんな本> pdfにするとたったの4枚に収まるほどの短い寓話ですが、危険な政治状況に徐々になっ..

続きを読む

田中角栄-戦後日本の悲しき自画像(早野透)

2017/07/18 18:45
山を越え ”具体”を駆けた 今太閤 『列島改造』 黒く散りゆく  <この本を読んで得られること3選> ・農村出身で小学校卒の男が首相にまで上り転落するまでの全ての詳細な過程 ・角栄の若い時の経験に基づく実践的な思考方式や、人間味のあるセリフの数々 ・昭和史の大まかな流れと、角栄の閣僚時代以降の詳細な政局内情 <こんな本> 朝日新聞の番記者であった著者が、国家像を見失う平成の日本政治を憂い、身近に追い続けた角栄が戦後の混迷を駆け抜けた「歴..

続きを読む

Facebookで節税する方法(正鬼晋太郎・ミスターK・タカハシ☆ヒロユキ)

2017/06/25 23:14
日本こそ タックスヘブンと 気付かせる 税のプロたち 三者トーク  <この本を読んで得られること3選> ・国税の情報力と税務調査官の能力の凄まじさへの認識 ・経費計上できるかどうかの具体的場面について、国税の立場と税理士の見解の本音 ・日本でビジネスをする際の(海外と比較して)安全さとフェアさについての再確認 <こんな本> 国内外での事業経験が豊富で節税についても研究してきた投資家・会社経営者のタカハシ氏が、国税局の税..

続きを読む

読書の技法(佐藤優)

2017/05/25 20:20
学習の 時間制約 乗り越える 熟読のため 多読速読 <この本を読んで得られること3選> ・多読・熟読・速読などの読む技術のそれぞれの使い分けと、読書ノートの取り方、大学受験用学習参考書の使い方、小説・漫画の読み方 ・本書の中で随所に紹介される、各場面で役に立つ著者の推薦書 ・著者の実際にやっている短時間睡眠や場所の移動や書評の会合を活用することなど、効率的に学習しクリエイティブな仕事の能率を高める方法 <こんな本> 毎月大量の本を処理(..

続きを読む

無意識と対話する方法(前野隆司・保井俊之)

2017/05/15 22:55
現代に ダイアローグで 呼び覚ます 調和に生きた 古層の記憶  <この本を読んで得られること3選> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることの認識 ・古今東西の思想史が、近代のアメリカ西海岸(ベトナム反戦運動がきっかけ)を起点として、現代の日本に集約されていく様子の網羅 ・幸せを感じる瞬間として著者たちは「論文を書いている時」を挙げ、無心になって脳から次々と言葉が溢れ出すのは心地よい、ということでありラ..

続きを読む

もっと見る

月1〜数回配信の”ゆる”メルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!